実例のご紹介 Works

雪の心配いらない平屋

外観・エクステリア

外部からは隔絶された中庭。来客からリビングのプライバシーが守られるよう、下部が抜けた斜めのコンクリートがオブジェのように立っています。
loading...

道工房からのコメント

 マイホームも築20年~30年が経ち老朽化。かつては子どもたちで賑やかだった家も、数年後には定年を迎える熟年夫婦2人暮らしに。そうなった時、果たして広い2階建ての家は必要なのでしょうか?夫婦2人だけになった時に大きな家はいらない、と皆さんおっしゃいます。そうなると、今の家を使いやすいようにリフォームするか建て替えにするかという選択になる。そこで、2人で暮らすのに必要な家ってどんな家?と突き詰めていくと、平屋に建て替えることを選択する人が増えています。25坪という面積を聞くと狭いと感じると思います。しかし、無駄に広い家は掃除やメンテナンスも大変だし、光熱費もかかる。まずは広い家がなぜ必要なのか?を考えてみて、自分たちに本当に必要な最小面積から家を考えるという発想の転換が大切です。
 25坪の平屋をのぞくと、間取りで言えば1LDK+S。リビング、キッチン、ダイニング、6畳の寝室。それにLDKに隣接した3.5畳の和室と水まわりです。しかし狭さをまったく感じさせないのは、敷地と空間の使い方にあるのでしょう。高台にあり入口から奥に向かって傾斜のある土地。奥は崖になっています。その土地特性を生かして見晴らしのよい崖側にLDKを配置し、床から天井まで全面窓に。竹を敷いたテラスはもちろん、市街地から石狩湾まで望むパノラマの景色までもアウトリビングとして取り込み、驚きの開放感です。全面窓に面したリビングの対面の壁に目を向ければ、そこには低い窓の向こうに白砂を敷き詰めた枯山水風の中庭を望みます。あえて室内ではなく室外空間としてしつらえた箱庭は、広がりをもたらすパノラマ窓とは対極の「静」を感じさせる落ち着きの空間。異なるふたつの顔を持つリビングにはホームシアターも完備で、ご夫妻は朝から夜まで、生活のほとんどをここで過ごしています。
 さらにこの住宅で特徴的なのは、北国特有の雪の問題をクリアしている点。屋根からの落雪がないのはもちろんのこと、歩道に残される雪の固まりもロードヒーティングで処理が可能です。夏場も車庫からアプローチ、玄関まで屋根が掛かり、雨にあたることもありません。
今までは敷地に恵まれていたり、予算に余裕があるから平屋にするというイメージが多かった。しかし、これからは、最小面積の中で効率よく豊かな暮らしをする時代。コンパクトでありながら機能的で、熟年世代のゆとりある暮らしを実現する新時代の平屋だと言えます。

お住まいの情報

築年数 - 家族構成 60代夫婦
場所 札幌市西区 建築形態 戸建て
構造 木造在来工法

その他の「 外観・エクステリア 」

一覧を見る

ページの先頭へ戻る