実例のご紹介 Works

取れない柱の家

ダイニングキッチン

奥まっていたキッチンを対面型にしてリビング側に移設。狭かったリビングと和室を隔てていた壁を取り払うと、そこには明るく見通しの良い開放的な空間が出現!
loading...

道工房からのコメント

悩みはリビングが狭くキッチンも奥まった場所にあり、とても使いづらい間取りでした。和室もほとんど使わなく物置状態。玄関からリビングまでの暗い通路は毎日ストレスで、いつかはリフォームと思いつつ15年がたってしまいました。和室部分も含めて広々したLDKに対面型のキッチンが夢だったので、水回りを含めて全面リフォームを決意したが...。
しかしハウスメーカー鉄骨造のため取れない柱や壁が...そこには難問が待ちかまえていました。建てたハウスメーカーにもリフォームプランを依頼したが、取れないものはやはり取れません。

まず取れない柱に2.4m×1.2mの楕円形テーブルを取り付け、テーブルから柱や×型のブレースを付き抜けさせることで、アートのように空間の一体化を図りました。(テーブルは脚がないため掃除がしやすい)
また暗かった廊下もガラスブロックの壁を設置することで、いつも明るい光が射し込み全くストレスを感じなくなりました。

お住まいの情報

築年数 築 15 年 家族構成 40代親子3人+犬2匹
場所 札幌市東区 建築形態 一戸建て
構造 ハウスメーカー 軽量鉄骨造

その他の「 ダイニングキッチン 」

一覧を見る

ページの先頭へ戻る